Category: 音楽

どうやって曲を作っているかみたいな話

この記事は、mast Advent Calendar 2016 の19日目の記事です。

完成した曲が聞きたいせっかちなかたは一番下からどうぞ。

はじめまして(?)、ぷりりーです。mast12です。を作ったりFPGA高位合成処理系を作ったりしています。

さて、登録したはいいものの、特に書くことを決めていなかったので、アンケートをとってみました。

キャプチャ

 

なるほどね。本当はFPGAとかレイテンシについて話したかったのですが、作曲について書こうと思います。

作曲に関する話題というと、だいたい
・曲ってどうやって作っているの?(普通の人向け)
・作曲うまくなるにはどうしたらいいの(曲作ってる人向け)
の2パターンの記事が考えられると思うのですが、今日は前者について書こうと思います。

さて、ということで今日は実際に曲を作っていきましょう。今は23時30分です。確実に日付を超えてしまいますが、2時間くらいで完成させることを目指したいと思います。
記事を書きながらなので、ちょっとむずかしいかな…?

曲の作り方は人それぞれですが、今日は僕の作り方を紹介します。

 

DAWを立ち上げる

cubase

作曲をする時、大抵の人はDAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれる、曲を作るためのソフトウェアを使います。

僕はCubaseと呼ばれるソフトを使っています。やっていきましょう。

cubase_2

立ち上がったぞ。

僕はよく曲を作るので、予めテンプレート用のプロジェクトを用意していて、いつもそこから作曲を始めています。
今日はこれから始めていこうと思います。
cubase_3

cubase_4

cubase_5

立ち上がりました。逐一キャプチャしながらやっていくの結構面倒大変やな…今23:40です。すでに10分経過。

画面をざっと見てみましょう。

cubase_6

左にトラックと呼ばれるものが並んでいます。このトラック1つが、一つの楽器パートに相当します。
マウスで字をかいているので汚いのは気にしないでください。。

 

音を探して打ち込む

早速1トラック打ち込んでみましょう。まず音色を雑に選びます。

最近、花澤香菜さん(というか宮川弾さん)の曲にハマっているので、そういう感じのやつ(雑)を作ろうと思うわけですね。
曲を作るときはモチベーションが大事です。(そして締切。)

実際は作ろうと思ったものが完成することはほとんどありませんとは限りませんが、今回はあまり脱線せずに完成させたいところです。
今日はピコピコした感じのボサノバをつくろうかな。とりあえずOmnisphareという音源でそれっぽい音を探します

make_0

これが良さげやな。

人にもよると思いますが、僕の場合はまず主要なパートを雑に打ち込んで全体のイメージのラフを仕上げてから、
細部までの作り込みを行います。なので最初はプリセットの音を使っちゃう。
とりあえずこんな感じ~みたいなのを打ち込んでいきましょう

make_1

make_2

上の画像のものをピアノロールと言います。上下が高さ、横軸が時間を表しています。
よしできた。音だとこんな感じ。今24時です。

 

作っていくぞ

MIDI録音で打ち込んだものはタイミングが少しずれていたりするので、クオンタイズと呼ばれる操作を行ったりして、整形とかをしていきます。

ここで気づいたんだけど、この細かさで記事を書きながらだとけっこうしんどい! というか曲が進まない。
このペースだと日が昇ってしまうので、端折りながら進めます。

基本的なサイクルは、音を探す→打ち込む→他のパートとあわせて聞いてみて確かめる という感じです。

大まかな楽器構成と流れを考えながら、作業を進めていきます。

パートは…
まずメロディーでピコピコリード、
コードでピアノとさっきのOmnisphareの音源、
あとはボサノバなのでおとなしめのドラム
厚みをだすためのごまかしのためのストリングス
そして宮川弾ぽくしたいのでシロフォン!、て感じで組んでいくことを考えます。
新しい雰囲気の曲を作るときはここでかなり悩んだり試行錯誤するのですが、今回はゴールの雰囲気が決まっているので、ほぼこれでOKでしょう。

構成は…
時間が限られているので、A→展開→サビ の簡単な構成にしたいと思います。
展開にあわせて、
・使う楽器を増やす
・音量を上げる
・リズムをきざむ
などして盛り上がりを作っていきます。

 

…できた!(1時半)

make_3

最初に打ち込んだピコピコシンセに加えて、ストリングス、ドラム、メロディー、ピアノ、ベース、シロフォンのパートを打ち込みました。

こうして書き出してみるとけっこうトラックありますね。

だいたい形ができてきたら、さらにミキサー(トラック=楽器パートごとの音量調整おこなえるツール)をいじって、バランスを整えていきます。
エフェクト(リバーブやコンプなど)もてきとうにかけていきます。

このような作業を「ミックス」と言います。曲を作るのと同じくらい大事な作業です。
・目立つべき部分のパートがしっかり前に出ているか
・目立たないでいいパートがうるさくないか
などに注意して行っていきます。

だいたいOKかなというところで、書き出します。今日は時間がないので、適当なところで打ち切り。

make_4

 

完成した曲がこちらです。

 

わかりやすいように、曲が進むにつれて徐々に使うトラックを増やしていく感じで作ってみました。

どうでしょう? 最初の方ちょっと微妙ですが、ちゃんと展開のある曲になっていると思います。

普段はここから、もっと少し細かく調整をかけたり、リテイクしたりしてクォリティを上げていきますが、今回はサンプル曲なのでこのくらいで!
曲的には、ボーカルを入れたら面白そうですね。時間があったらもうちょいいじってみようかなと思います。

ちょうど2時くらいです。23時半に始めたので、曲に1時間半、調整30分、記事30分くらいの配分かな?

以上、DTMerはこんな感じで曲を作っています!というお話でした!

 

 

宣伝

さて、最後に宣伝です。
僕が代表をやっている同人音楽サークルPrhyzmicaは、今年の冬コミC91にも出展しています。
今回は旧譜timescalerと、いい感じのポストカードを頒布予定です。

よろしければ遊びにおこしください!

場所は冬コミ3日目 西り39aです。12/31、おおみそかです!

 

また、冬コミにいらっしゃれない方もなんと、僕の曲を買うことができます。

こちらからどうぞ。

Spotifyを使っていらっしゃる方は、”Prhyzmica”で検索するとよろしいでしょう。

では!

MPK261 (MPK249,MPK225) のサスティンペダル極性

問題

MPK261のサスティンペダルの極性が逆になってしまい、変更の手段がない。
サスティンペダル用の端子は2つ(FOOT SWITCH 1, 2)が用意されているけど、どっちでもダメ。ペダル押し込んだまま電源を入れるのでもダメ。

 

解決方法

EXPRESSION PEDALの端子を使うとうまくいく。
MPK61側のEDITでMIDI CCを64番に変更し、MIN,MAXの値は手持ちのペダルの極性に応じて切り替えると良い。

ペダル側にToggleと連続の切り替えスイッチがあるような機種でも、
中の値はペダルが出すものをそのままマップして送ってくれる模様。

自分の環境はRolandのDP-10で、DAWはCubase7.5でした。

(DP-10はSwitchモードとContinuousモードの切り替えができるようになっているけれど、どちらのモードでも正しく動いた。)

おそらく249,225のモデルでも同様に解決できる。

C86(制作)レポート

さて、僕は今米沢で絶賛免許取得中なのですが、結構空き時間があって暇なのでC86の制作レポートでも書こうと思います。

夏コミってもう1ヶ月以上前ですが、今年の夏コミは普段以上にスケジュールがやばい、もとい悲惨で夏コミ前はおろか終わった後も投下したエナドリの反動?でしばらく何もしない日々が続く有り様で、あれ…いつもどおりだ…

 

…さて、夏は新譜「blue」をリリースしました。夏をイメージした爽やか系のボーカルメインアルバムでした。
http://prhyzmica.com/event/blue/

jacket

 

冬(C87)も申し込んでいますが、新譜は多分出ないと思います。代わりに何かグッズかblue制作にまつわるペーパーを出したいなぁと思っていたのですがそれもちょっとどうなるかわかりません。

では早速。

 

ジャケットに関する話

今回のblueは、前作のconvergenceに引き続き、mtfrctlのなるせさん(@Naruse_T)にデザイン/web全般をお願いしてのCDリリースでした。なるせさんは、まぁconvergenceの方をご覧になればわかると思うのですがパキっとしていてカッコよくかつナナメに構えたちょっと中二病なデザインが好きな方です。(!?)

Prhyzmicaは毎回あまりカラフルなCDを作っていないので、以前から、夏は色を全面に出したCDを作りたいなぁと考えていたんですが、あまりアテもなく困っていたところ、C85の月の息で二胡をお願いしたjinくんに紹介してもらうことができて、natsukiiinさんという方にアナログでの原画を描いて頂けることになりました。

イメージをお伝えして、あがってきたイラストは岩絵の具で和紙に書いたものでした。僕、岩絵の具の作品って多分初めて目にしたのですが、あれって色の表現に質感も利用しているんですね。例えば、絵の具に使う粒子が荒いと表面が乱反射して色の見え方、感じ方が変わるんです。スキャナで取り込んでみたのですが、凹凸のせいでピントがずれてしまったり、乱反射の質感も限りなく失われてしまいます。とは言え一眼もライティング機材も持っていないし…ということで、とりあえずめいっぱいの高解像度で取り込んで一番状態の良い物をなるせさんにお渡ししました。

なるせさんもスキャンの問題には気づかれたみたいで、返答は「できるかわからないけど、とりあえずやってみる。」ということでしたがイラストを元にジャケットとしての再構築をお願いしました。まぁ、リミックスみたいなものです。
出来上がったジャケットは原画とは色彩も構成も異なったものでしたが良い方向にはみ出していて、これで行きましょうということに。
締め切り間際も画像の高解像度が祟って入稿データに落としこむ段階でも色々トラブル(曰くadobeの呪い)がありましたが(しかも入稿2日前とか)、なんとか入稿は間に合って無事リリースできましたとさ。

めでたし!

特設サイトやポスターもなるせさんですが、当日のポスターが特に好評で喜んでいました。
ポスターやジャケットのデータは特設サイトからDLできます。特設もあわあわで素敵です。processing.jsらしいデス。
http://prhyzmica.com/event/blue/

 

曲の話

今回のCDは正直、クオリティとしては曲<ジャケットかなぁと思っていて、それだけ個人的にジャケットデザイン気に入っているのですが、曲ももちろんガンバッテ作っています。

今回はボーカル曲が4曲あり、3人のボーカルさんにお願いして自宅でレコーディングを行いました。レコーディングは、歌の3日前に曲ができたり、逆に曲ができていないのに歌をお願いしたり、上階のリフォーム工事にぶちあたってしまって、レコーディングの時間を変更してもう一度、みたいなハプニングで迷惑をかけまくった以外は順調に進みました(?)

ボーカル曲はやはりインストに比べると曲に対する思い入れが強く残るものです。インスト曲を作る時は曲としての面白さや気持ちよさを優先して作るのに対して、ボーカル曲の場合はインストとは違ってやはり表現したい情景なり、感情なり、そういったものが先にあって、それを曲や歌詞で構成するといった感じになります。曲自体もそうなのですが、曲が指し示す先のモノが重要になってくるので、体力を使います。ストーリーっていうんですかね。曲と唄の違いって言うんでしょうか。
とは言え、その指し示すものは僕の中にしかなかったりするので、結局は自己満足なワケですが。。
みなさまいつも僕の自己満足に付き合ってくださってありがとうございます。

 

ちなみに、今回のトラックは次のようなことを考えながら作っていました。

blue 空と海

もうきみに 歌詞を読んでください(*>ω<*)

海底のアンサンブル 深海のゆらめき、マリンスノー

submergence 潜る潜る。海底の建築物、遊覧紀行

みずのなかで 雨の中の六畳間、きみとふたり、ふたりの距離感

汀のコースティクス 海が見たい

夏と透過光 終わる夏休み、喪失感

スカイ・フィッシュ エウレカ2期分(100話)イッキ見したあとに勢いで作りました

 

さて、他にも今回のC86はとんでもエピソードが多くて、朝までCDを焼いていたらサークル入場に間に合う最後の電車に(生産したCDと設営機材を持った)一人がタッチの差で乗り遅れてしまったり、テンパって新橋と新木場を間違えてポスターを受け取り損ねたり、朝会場で手焼きすることになったり、波瀾万丈でした大変各位ご迷惑おかけしましたもうしません

 

ではこのくらいで。

 

ほか、夏はMMOの方に1曲だしていたり、僕が曲提供している西暦2236年というノベルゲームの体験版がでていたりしましたが、またこんど。

 

次の記事では(暇なので)普段使っている音源の話でもできたらなぁと思います。
また、秋にはFPGAでシンセサイザを作るつもりなので、それの制作レポートとかも書けたらいいなぁと思っています。(尤もこれは違うところで掲載になるかもしれません。追ってアナウンスします。)

4/27 M3参加まとめ

今からCD焼きます。

とりあえず参加まとめ!

 

D-13a Prhyzmica

新譜:convergence

今回はミニマル/アンビエントです。
いつになくジャケットとか雰囲気にこだわってます!

http://prhyzmica.com/event/convergence/

 

P-08b Music Mix Organization

おなじみMMO,こっちも静かめです。jazzっぽいのとピアノソロ曲で参加してますヽ(‘ω’)ノ三ヽ(‘ω’)ノ

https://soundcloud.com/musicmixorganization/aquahorizonsample

 

D-04a ヴェクセルドミナンテ

ピアノ曲で1曲ゲスト参加しました。やっぱりホールのスタンウェイは最高だぜ

https://soundcloud.com/serieril/butterfly_xfd

 

こんなかんじです。もう明日ですがぜひ遊びに来てくださいヽ(。Ò ⌂ Ó)ノ
お会いできるの楽しみにしています~

Gumroadで音楽のDL販売をする

少し前から、GumroadというECサービスを使って音楽のダウンロード販売をしてみています。今日はそれについて書きます。

 

委託って結構面倒だよね

僕は同人音楽をやっていて、年4回くらいアルバムを(即売会で)リリースしています。
作品の頒布(販売)も、基本的には会場でのみ行ってきました。

ただ、会場にいらっしゃることのできない方からも作品を購入したいという声はあります。
この声をうけて、以前はとらのあなで現物を委託販売していたのですが、

・手続きが煩雑
・手数料が高い(30%程度)
・予想より売れなかった時の対処が面倒(返本にもお金がかかる)

等であまりよい方法ではないと感じていました。

 

一般的なDL販売は敷居が高い

そこで委託ではなくDL販売の方法を模索していたわけですが、これが結構難しい。

音楽のDL販売というと、iTunesストアやBeatportでの配信を思い浮かべますが、この手のサービスは作品登録や配信を維持するためにまずお金がかかる仕組みになっています。
したがって、初期コスト分をペイできるほどの収益を見込めないユーザーには、手が出しづらいです。

かといって、メロンブックスやとらのあなでのDL販売では、一定期間売れなかった場合に取り下げられてしまいますし、やはり手数料がかかるためあまりよい方法とは言えません。

自宅鯖にデータを置いて、DL販売させる方法も検討しましたが、銀行振込にしか対応できませんし、払う方も売る方も手続きが煩雑です。

 

そこでGumroad

そんな中、いろいろ検討していて見つけたのがGumroadというDL販売サービスです。
Gumroadのメリットは
・初期コストがかからず、手数料が比較的少ない(5% + 25セント)のみ
・販売ページがリンクで保持でき、簡潔なためプロモーションがしやすい

等です。まだあまり普及してないように思えるのですが、同人作品のDL販売にはとても親和性が高いと思っています。

例えば、僕がCDを売るばあい、こんな感じになります。

https://gumroad.com/prhyzmica

Gumroad sample

 

幾つか作品を登録すると、こんなページを作れます。個別にSoundcloudのクロスフェードのリンクを指定しているので、それを利用してプレイヤーを埋め込んでくれます。
購入したい場合は、CDのイラストをマウスホバーするとでてくる購入ボタンを押して、その後クレジットカードの番号を打ち込んで決済します。

 

Gumroad sample2

 

提供される販売ページは固定リンクなので、Twitterとかに貼り付ければよいだけで、楽ちんです。
また、個別のページを表示することも出来て、もちろん表示はある程度カスタマイズできます。

 

Gumroadの欠点

個人でちょっとだけものをDL販売したい場合、Gumroadはピッタリのサービスだと思います。
ただ、まだ使いづらい点はあります。

例えば、
・日本語の翻訳がたまに変
・作品一覧ページから作品個別ページに飛ぶ方法が無い
・デザインを優先しすぎて、ぱっと見購入方法がわかりづらい
・Soundcloudとの連携機能をあまり詳細に設定できない(画像表示ができるようになったのも最近です。以前は波形表示のみでした。)

はやく改善されるとよいなー、という感じです。

 

おわりに

現在、僕の3作目のCD「Stelo da Fragmento」を無料DL可能にしています。

https://gumroad.com/l/Prhyzmica-03

クレジットカード番号の入力も不要なので、購入手順等をためしたい方はぜひご利用くださいヾ(๑╹◡╹)ノ"

C85情報

お待たせしました! たったいま生産がおわりました\\ ٩( ‘ω’ )و //

というわけで簡単にですが、頒布情報です。

 

三日目 西く-17a Prhyzmica

 

頒布物:

新譜 「月の息」 ピアノメイン、二胡(生録音!)とか歌とか

M3新譜 「Digitalism」 ピコピコしたかんじ 手持ち少数です

旧譜 「Endor」 民族音楽 おすすめ

旧譜 「Memory.*」 むかしだしたボカロ総集編 とらの委託が帰ってきたのでちょっとだけあります

委託 「Mixed.」 いろいろ詰まって14曲200円!やすい!

1年に5つくらいアルバムを出した結果、とうとうPrhyzmicaも在庫抱えサークルに昇格しました。来年も何卒よろしくお願いいたしますil||li(;゙゚’ω゚’)il|li

 

上の作品のクロスフェードとかは、
https://soundcloud.com/prily
をごらんください!

 

それでは会場でお待ちしておりますヽ(。Ò ⌂ Ó)ノ

 

 

おまけ:RTSレビューを書いたりもしてました。三日目です。詳しくはこちら→http://neetpia.sakura.ne.jp/works/RTSBook1/index.html

今年もNIの半額セール始まった

12/9まで半額セールやってるようです。

http://www.native-instruments.com/jp/specials/thanksgiving-xxl/

 

Komplete8持っているんだけれど、32kで9Ultimateにアプグレできるので、してしまおうかなぁ。

iMachineも200円に値下げされているみたいで、少し気になってます。

んでセールをやっているということはKomplete10がもうすぐ来るということなのかしら。だとしたらだいぶ早いですが…

とりあえず、前から買おうと思っていた方は今がチャンスでしょう。

 

ほか、僕が耳にしている情報だと、Wavesがセールをやってます
http://www.waves.com/specials?utm_source=wnletter&utm_medium=email&utm_campaign=black-friday

あとはAbletonがセールやってますね。20%Offだけど
http://www.h-resolution.com/ableton/index.html

 

こんなもんでしょうか!

 

今のところ気になっているのはNexus2と、HALion5かしら。年末か、もしくは年明けセールしてくれるうれしいなー

Ableton LiveでUA-25EXを認識しない問題(解決済み)

出先で録音するときにLive 9 liteを使おうとおもったら、UA-25EXを認識しないで困った。
「ドライバを開けません」的なことを言われて使えないことがある。

 

解決方法

UA-25EXの背面パネルの「ADVANCED DRIVER」スイッチをONにしてUSBを挿し直すと認識する。

M3&学祭お疲れ様でした&冬コミ受かりました

M3の1週間後に学祭というハードスケジュールをなんとか乗り切りました。

僕、おつかれ!

( ˙꒳˙​)◞⁽˙³˙⁾”

M3秋(終わりました)

余裕無さすぎてブログで告知していなかったのですが、新譜出してました。

Digitalism
http://prhyzmica.com/event/Digitalism/
今回はCDのジャケットを手紙さんにお願いしていて、結構気合が入ってます。色々と仕掛けがあるそうなので、ぜひ探してみて下さい。なお、とらのあなで委託が開始されてるので、よろしければどうぞ。

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/16/38/040030163838.html

ネタバレですが、最後の曲のボーカルは僕です!

学祭(終わりました)

Jazz研で演奏したり、あとはDJ企画の主催をやってました。
http://soundfloor13.tumblr.com/

僕はDJしながら演奏したりしてました。VJは自分でくんだプログラムを走らせてました。

大変でしたが楽しかったです。(KONAMI
さて、そんなことより、冬コミ受かりましたのでお知らせします。

冬コミ(受かりました)

3日目 西く17a

です。生ピアノ+αのしっとり系CDを出す予定です。時間があんまりないので、簡単なものになると思います。
手元にDigitalismとEndorの在庫もあるので、それも持って行こうと思います。

ぜひお立ち寄りください!

ちなみに今回は周りが知り合いばっかりなのでちょっと配置が嬉しいです。落とさないようがんばります。

Maxでvstプラグインを書く

どうやら、Max6.1で、Genに(Vstプラグインとかを書くときに使える)Cのコードを吐き出す機能が追加されたようです。

僕の記憶では、確かMaxの4(Max/MSPと呼ばれてた時代)のときには、vstを吐き出す機能があったと思うのだけれど、5,6でなくなっていました。それが復活したと。

なお、この記事は既にC++でvstプラグインを書いたことがある人を対象にしています。あんまりイメージがつかめていないひとは、こことかを読むと良いと思います。

 

手順は、Cycling’74のwikiに乗っている通りですが、解説します。僕はwinユーザーなので、VisualStudioを使ってコンパイルする場合で書きます。

http://cycling74.com/wiki/index.php?title=Gen_Code_Export_VST

 

①Maxを6.1にアップグレードする

上にもかきましたが、Max6.1じゃないとこの機能は使えません。あと当たり前ですが、Genも買ってないとだめ。

 

②コンパイル環境を入手する

vstプラグインを書く人なら大丈夫だとは思いますが、XcodeもしくはVisualStudioの2010以降が必要。(僕はVS2012で試しました。)

 

③SteinbergからVST2.4のSDKを落とす

http://www.steinberg.net/en/company/developer.html

から3rd Party Developer登録をして、SDKを入手します。Genのexportcode機能はVST2.4までしか対応してなくて3.x以降は未対応なので注意。

 

④Max上で,gen~の中にvstプラグインに吐き出したい処理を書く

 

⑤作ったgen~オブジェクトにexportcodeメッセージを送る

この辺はMax上でgen~のヘルプを読んでも良いかもですね。

メッセージを送ると、gen_exported.cppとgen_exported.hというファイルが生成されます。

 

⑥wikiからサンプルコードを落とす

http://cycling74.com/wiki/index.php?title=Gen_Code_Export_VST

からMyVSTPlugin.zipをダウンロードします。

 

⑦落としたサンプルコードのプロジェクトを開く

winの場合はVS2010用のプロジェクトが用意されてますが、VS2012で開いて、それ用にコンバートしてしまっても大丈夫みたいです。

開いたらリソースに、先程落としたVST2.4のSDK内のvstsdk2.4\public.sdk\source\vst2.xの中身を加えます。ここは普通にC++で直接vstプラグインを書く時と同じですね。

さらに、さっきgenでexportした2つのファイルを、サンプルコードのフォルダにある同名ファイルに上書きします。

 

⑧コンパイル

コンパイルします。するとdllが吐き出されます。

動きます。ヽ(‘ω’)ノ三ヽ(‘ω’)ノ

普通にVS2012でvstプラグインを書くときは、プロジェクトの設定とかdll吐き出すときの設定をしないといけないですが、今回はサンプルコードを改造する形で作るのでそのへんは必要ないです。すばらしい└( ‘ω’)┘

 

 

まとめ

音声処理を行う部分を、genで吐き出すことができる感じです。いきなりdllが吐き出されるわけではない。
ただそれでも十分有用なので、max6.1+genを持っているvstプラグイン開発者の人は、使ってみると面白いと思います。

とにかく、Maxでvstプラグイン書けるって、すごいことです。
実際にどんな音がでるのか確かめながらパッチを作っていって、完成したらそれがそのままCのコードになるんだからすごい。

手で書くときは、いちいちコードを書き換えて→コンパイルして→聴いて確かめて→ってことを繰り返さないといけないわけですからめっちゃめんどいわけです。

 

まだこの機能はベータ版らしいですが、十分使えます。僕も折角持っているので、使っていこうと思います。

 

だいぶ雑な感じでしたが、おしまい。

 

※余談ですが、Max6.1の日本語化パッチが出てるっぽいです。
https://www.mi7.co.jp/products/cycling74/downloads/
6.0は日本語から英語にもどすのがファイル操作とかしなくちゃいけなくてちょっと面倒でしたが、6.1では楽になってます。