VSTi開発メモ(GUIまわり)

最近、guiに手を出してみたら思った以上に闇が深かった。

かなり詰まったのでメモ。

VSTのGUパーツIは、サンプルコードではBMPを使うようになっているが、PNGもサポートしている。
PNGを使いたい場合、libpngを使う。
libpngはzlibに依存しているのでビルドには両方入手する必要がある。導入については以下。

http://xeo.sakura.ne.jp/wordpress/201202/program/361/

ビルドできたら、ライブラリディレクトリの設定からzlib.libとlibpng.libを取り込み、
インクルードディレクトリの設定からzlibとlibpngの各種ヘッダを取り込む。

 

次に、プリプロセッサの定義 で USE_LIBPNG を定義する。僕はこれをしていなくて詰まりました。
参考:http://teragonaudio.com/article/How-to-make-VST-plugins-in-Visual-Studio.html

 

さらに、僕が使った最新版のlibpngとzlibでは、vstgui.cppでエラーがでた。
http://planet.racket-lang.org/trac/ticket/292

上のリンクのように、
png_set_gray_1_2_4_to_8(png_ptr)

png_set_expand_gray_1_2_4_to_8(png_ptr)

と書き換えるとビルドが通り、GUIが表示される。

 

(なお、僕の環境はVS2012,vstsdk2.4,dllのテスト環境はVSTHostです。)

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.