Tag: どこでもドア,リモートワーク

どこでもドアに替わる技術

通勤電車に揺られながら以下のようなことを考えたのでメモ.オチは普通です.

なお,僕はいま学生で,週に2日ぐらい田舎から都内に出稼ぎに出てコードを書いたりしています.
職場まではDoor 2 Doorで1時間半くらいかかります.

①都内で働く日は,実質1日が(往復3時間で)21時間くらいになるのでつらい.

・電車に乗っている時間は1時間未満だけど,家→駅と駅→職場で歩くのでそこそこかかる.
・電車はすぐ来るとは限らないので,ホームで待つ時間もある.

②どこでもドアができると,多くのサラリーマンが幸せになると思う.どこでもドア超欲しい.

・どこでもドアの実現可能性を考えてみた.
・人間本体を分解してむこうで再構築する方法は,技術的には遠い未来に可能になりそうだけど,倫理的な問題とコスト面で難しそう.
・4次元トンネル的なのを作る方法は,エネルギー保存則から考えて相応のエネルギーを食いそうなのと,転送装置が大掛かりになって普及しなさそう.
・やっぱりどこでもドア作るのはしんどい.

④意識だけ職場に飛ばせればいい気がする…リモート出社じゃん!

リモート出社,驚くべきことに現在の技術でできる.

というわけで,みなさんリモートワークをしましょう.

今でもちょこちょこリモート出社文化が浸透している気がする.10年後くらいには週1日会社に行けばいいくらいの感じになっていてほしい.

 

リモートワークのメリット

まず社員視点では,もちろん嬉しい.

・1日使える時間が増える.→睡眠や趣味に回せる.
・家賃が安いところに住める.→他の用途に使えるお金が増える.

また,経営者的視点でも,リモートワークにはいろいろメリットがあると思う.

・交通費支給の支出を減らせる.住宅手当も減らせる.
・都内から遠いところなら家賃も安いので,社員の給料に対する満足度が上がる.
・浮いた時間を社員は趣味や睡眠に充てられる.すると仕事の効率が上がる.(睡眠時間が少ないと人間の性能はかなり低下することが知られています.)
・オフィスが狭くても会社が機能するので,コスト低減できる.

一方で課題としては,

・会議など,集まって意思決定を行なう行事にどう対処するか
・リモートワークで効率が下がらないか
の2点があると思う.

まず1点目,殆どの会議は意味がないのではという議論はさておき.
インターンにいったうちの一つでは毎日何かしらの会議,勉強会があるみたいな話があり,リモートワークを取り入れる障壁になっていそうだった.
とはいえ,これは自宅でVRヘッドフォンを被って参加すればよい.現在の技術で解決可能.すごい.
表情と手の動きが取れるので,アバターを動かせばコミュニケーションも問題なし.動画を直接送るより帯域も食わない.
リモートワーク採用で手当を減らせるので,会社としてもここらへんに投資して一人1台設備を配るのは造作もないことだ.
・VRで会議を行うシステムは今後売れる.

次に2点目,リモートワークで効率が下がらないかという議論があるが,これは
・下がった人をリモートワーク禁止にする
・リモートワークでサボる人は職場でもサボる
の2つで解決できそうだ(?)
会社の方にこの話をした時,「リモートワークしたい人は制度を維持するためにちゃんとはたらく」みたいな意見も頂いたので
紹介しておきます.

リモートワークが浸透すれば,8時間睡眠,8時間仕事,8時間趣味みたいな,人間的で社会的な生活ができるようになって,
(IT技術者みんなが)気持ちよく働けるようになる世界になると思う.
・現実世界では理想的な8時間仕事であっても,8時間趣味の時間は家事と食事,移動時間で削られて結局3-4時間くらいしか残らない.これはきつい.

これは個人的な話だけど,今のところ業務内容に不満ってほぼなくて,働くときのフラストレーションのほとんどが
・出社の面倒臭さ
・昼飯を食った後猛烈な眠気に襲われながらも仕事をしないといけないつらさ
の二つに集約されているので,ぜひこれらが改善される働き方ができる世の中になって欲しいと思う,
…というか,確実に来る未来の形なのでみんな関連技術に投資するといいと思います.

なお,本日のオチはこちらです.
http://altvr.com/